July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

vol.157 ※ゴキブリに注意

本日の放送内容は

●トーナメントに生徒が出るよ 5/6京都カポエイラジェライス主催のチャンピオンシップ♪

●ブラジルでの出来事 本場のカポエイラはなかなかにデンジャラスです(でも凄く優しいんですよ!)

●言語の違い 翻訳の難しさについて語っております。

 

などなど

 

についてお話ししてますのでご視聴よろしくお願いします!


#podcast

3ゴリブログ

 

全国ホーダ2017

どうもオスカーです!
先日は待ちに待った全国ホーダ2017!今年は大阪での開催でした!

広い会場に全国各地から大勢の先生方、生徒の皆さんが集まってくれました!おかげさまで大盛り上がりのイベントになりましたYO!


ホーダの前に全国の先生達によるワークショップ!
スペシャルレッスンはCDではなく生音で!

スネオさん。 子供達もいつもと違う先生の練習に興味津々!



ホーダの動画は一部コハダン大阪のFacebookページにアップしております!めちゃくちゃかっこいい動画が撮れたので、皆さん是非ページをいいね!してチェックしてみてください!ページはこちらから!
https://m.facebook.com/ccj.osk/
さて、来年の全国RODAはどこになるのでしょうか!これから楽しみです!
そして参加していただいた先生方と生徒の皆さん、本当にありがとうございました!皆さんのおかげで毎年イベントを楽しく続けられています。これからもよろしくお願いします!

それでは今日も良い1日をー!

【筋トレ】立ち方!

オスカーです!最近暖かくなってきましたねー!

先日テンション上がって半パン&サンダルで出掛けてみたのですが、夜になるとめっちゃ冷えました…!ちょっと寒暖差なめてましたね。油断禁物…!

風邪を引きやすい季節なので、みなさんも体調にはお気をつけくださいね!

では、今回のテーマに入っていこうと思います!今回は「立ち方」です!

僕は筋トレを始めるまで、立ち方をほとんど意識していませんでした。

普段の生活で不自由しなかったし、カポエイラをするうえで立ち方がとても重要だということに、そこまでリアリティを感じれなかったんですね。

でも筋トレを始めて、体の動かし方を覚えていくうちに、おかしな立ち方をしていることがどんどん気になり始めました。

それから意識して改善しましたが、今でも気をぬくと間違った立ち方をしていることがあります。
でも、意識すればすぐにでも改善できると思います!特に扁平足、O脚の人にはめちゃくちゃおすすめな方法なので、是非参考にしてください!今回はまず立ち姿における足首の状態について書いていこうと思います!

これが僕が長い間していた間違った立ち方です。 そして、これが改善後の立ち方です。 ぱっと見では何が違うのかわからないですよね!僕もです!笑

見た目ではほとんどわからないので、間違っててもそれに気づいていないパターンが多いです。

まず見た目でなんとなくわかるのは、足首の内側(踵の真上)の角度です。
Aが若干床に対して斜めになっているのに比べて、Bは真っ直ぐです。
Bが本来の立ち方です。若干の違いですが、2つは全く違う立ち方です!では、なぜAのような立ち方になってしまうのでしょうか!

1 指に意識が入っていない。
2 土踏まずのアーチができていない。(扁平足)
3 重心が足裏の内側(母子球と踵半分)にしかかかっていない。

だいたいこんなところです。ただ、この3つの中で一番優先すべきなのは、1です。指の意識が抜けることで2.3の問題点が出てきます。1さえできれば2.3は自然にできるようになると思います!

まず、指を浮かさずしっかり地面を感じながら、同時に重心も母子球、少子球、踵の三点にかかっていることを感じてください。この時、つま先の向きは絶対に真正面!扁平足の人はその状態で土踏まずをキュッと引き上げてアーチを作ります。これでBのような立ち方になればオッケーです!足首が地面に対して垂直に立っているかどうかがポイントです!

足首のラインが斜めになっていると、構造的に真上からの重力に弱いので、バーベルスクワットなどを行う際に足首を痛めやすいです。足首を痛めると膝も痛めやすくなってしまいます。なので、立ってる時の足首の状態はめっちゃ大事です!

慣れてきたら、この状態をキープしたまま外に出て歩いてみてください。しっかり指が使えることの力強さを感じられるはずです。

歩く時も、必ずつま先は真っ直ぐです。ヤンキーみたいなガニ股歩きだと指を使いにくいです。腰幅くらいのレールの上を真っ直ぐ歩くイメージで、足を踏み出す際には五本の指を意識します。そうすれば一歩ずつがトレーニングになります!

立つこと歩くことにも慣れて、もっと強度が欲しい!と言う人には、このスクワットがオススメです!

まず、正しい立ち方のまま両手を真っ直ぐ地面に対して平行に伸ばします。足の幅は腰幅で、足指は真正面を向くようにします。

ここから徐々に股関節を屈曲させていきます。この時膝が前に出過ぎないように注意してください!

股関節の柔らかさによってどこまで深く落とせるか変わってくるので、自分がギリギリバランスがとれそうなところをキープしてください。10秒〜20秒キープしたらまっすぐ起き上がります。

ポイントはこの時の足指の状態です。股関節を後ろに屈曲させると、指が浮きそうになりますが、そこを浮かないようにがんばる!五本の指をしっかり地面に付いたままボトムポジションをキープしてください!
小指だけ浮いてることがあるので要注意!

指を浮かさずにこの状態をキープすれば、土踏まずのアーチができてきます。これができれば普段の立ち方は余裕です!あとは意識するだけです!

ついでに体幹とハムストリングもええかんじに鍛えられます!あと、バーベルスクワットの前にこれができた方が足首や膝を痛める心配がほぼないです!
是非やってみてくださいー!

サウダージ

おつかれさまです!オスカーです!
先月の今ごろ、1ヶ月のブラジル武者修行から帰ってきたのですが、早くもまたブラジルに行きたくなっております…!
というのも、先日たまたまブラジルで撮ったムービーを見たのですが、それに何故かすごく心を揺さぶられたからです。映像自体はなんてことのない日常の風景。昼間メストレの家の外で、向こうの同年代の仲間達と他愛のない会話をしている映像でした。

カポエイラもしていない、ほんとになんてことない日常を切り取っただけのムービーだったのですが、それを見た瞬間にめちゃくちゃブラジルに行きたくなりました。

なんてことのない日常でも、僕にとってはとても濃い時間だったんだなと。こんな気持ちになったのは久しぶりです笑 サウダージ!

さて、また次行く時のためにポルトガル語勉強しまーす!Ate mais,Brazil.

vol.156 バーベキュー復活 2017

●●●今回の放送内容●●●

●男はアイテムフェチ
必要以上に道具を揃えてしまう男心。
その先に見るのは機動力?!

●大阪オススメスポット Bar Muffin
音楽好きの大人の遊び場「Bar Muffin」
心斎橋
https://www.facebook.com/pages/Bar-Muffin/462835840421023

#podcast

3ゴリブログ

 

【筋トレ】イメトレ エブリデイ!

どうもコハダン大阪オスカーです! 前回は筋トレモードに入るための方法について書きました。今回は、筋トレモードをキープし続けるために有効な「イメトレ」について書いていこうと思います! トレーニングをするにあたって「こういう風になりたい!」という理想像は皆さん持っていると思います。好きなスポーツ選手、役者、モデル…あるいはもっと身近に、習い事の先生、先輩、などなど。僕もカポエイラをしていて、こうなりたい!と思う先生や先輩たちが大勢います。あるいは、まだ動画でしか見たことのないブラジルのカポエイリスタなど。 そういった理想像、イメージを持っていることが、トレーニングのクオリティとモチベーションを上げていくのに役立つと思います。目標となる理想像がないと、ある日突然トレーニング中に「なんでこんなことしてるんやろ…?」となるかもしれません。 なので、なるべく理想像は明確にしておいた方がいいと思います。「健康を維持したい」「太りたくない」「弱く見られたくない」のような、アバウトでネガティヴなイメージではなく、もっとクリアでポジティブなイメージ。「あの格闘家のように強くなりたい!」「あのモデルのように綺麗で健康的なボディを手に入れたい!」「あの先生のようにリスペクトされるプレイがしたい!」など。 仮面ライダーに憧れている子供みたいに、なりたい対象になりきる。「真似をする」のではなく、もう一段階上の「なりきる」ということが、トレーニングのモチベーションや、普段のパフォーマンスをさらに上げてくれます。 ベイビーブルース・リーがめちゃくちゃ良い例です。ブルース・リーが大好きで映画を見続けた結果、5歳でブルース・リーの動きを完コピした日本人の男の子です。体捌き、表情、リズム感、ヌンチャクの技術まで、完全に本人になりきっています! https://youtu.be/QMZQ-NFC_js まさに「好きこそ物の上手なれ」ってなかんじです!これを見て、「逆に子供やからできるんやろ?」と言う人もいると思います。 たしかに子供は大人と比べて情報の吸収が早く、ハマったらとことんハマります。逆に嫌いなことは一切やろうとしません笑 そんな子供でも、大人になるうちに、学校や仕事など、嫌なことでもしないといけなくなります。子供と大人の生物学的な変化もありますが、こういった環境による変化も大きいと思います。 何が言いたいかというと、人間好きなことをしている時の方が成長スピードが断然早いということです!これは大人になっても同じだと思います。 大人が子供になることはできませんが、自分で子供の精神状態をつくりだすことは可能だと思います。そのために、まずは日頃のイメージトレーニング! 真似をするのではなく、なりきる!競技中やトレーニング中はもちろん、通勤中、仕事中も!生活レベルでなりきってイメトレはすると、それだけで自分の動きや姿勢、性格までがイメージに近づくはずです。 ただ、同じジャンルで同時に2つ以上の理想像を持つのは、あまりおすすめしません。混乱して方向性に迷いが出てきやすいからです。まずは1つにフォーカスして、飽きてきたり、やっぱ違う!と思ってから切り替えた方がいいと思います。とにかく、はじめの段階で、なりたいと強く思えるイメージをしっかり持つのが大事だと思います。 なりきればなりきるほど、トレーニングのモチベーションが上がっていきます。すると、いつの間にかトレーニングが日常になってます。歯磨きとかシャワーくらいに日常化すると最強ですね! めちゃくちゃおすすめな方法なので、是非試してみてください! さて、次回は「立ち方」について書いていこうと思います!また来週ー!
<<back|<12345678>|next>>
pagetop