July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

YouTube Up!!

遂に?!突入!
コンビネーション編 #001

 

カポエイラの動きのコンビネーション

もはや無限大です笑
終わりのない旅に突入してしまいました爆

 

 

持論ではありますがカポエイラである
原則の一つとして「リズム」があり

そのリズムの中で動き続ける事に価値があると思います。

 

 

技と技との隙間に産まれる雰囲気に

 

その人の個性

センス

信念


を感じるのであります。

 

vol.155 Amazonプライム

●●●今回の放送内容●●●

●バーベキューシーズン到来
グッズのクオリティーを
上げるべく
6さんポチりまくっております笑

●恐るべしAmazonプライム

●ソケッチのショッピング相談室。
JBL

#podcast こちらからチェケラー

 


 

筋トレモード!

どうもーコハダン大阪オスカーです!

皆さんは筋トレを始めるにあたって、何が一番大事なことだと感じますか? 時間、お金、体力、環境…いろいろ出てきますよね。 僕はやはり「気持ち」だと思います! 気持ちとは、「強くなりたい!」「習い事でパフォーマンスを上げたい!」「体を大きくしたい!」「ダイエットしたい!」「シェイプアップしたい!」といった欲求ですね。こういった気持ちが土台になります。 僕はこの土台があるということが筋トレをするうえで重要なことだと思っています! なので、「筋トレ嫌い!いらん!」と思ってる方は全くやる必要ないと思います!むしろやらない方がいいかもしれません。 人から言われたりしてストレスを感じながらトレーニングしても、逆に心身ともに不健康になりそうです。 でも、この記事に目を通してくれている皆さんは、少なくとも体作りに対してポジティブな姿勢を持ってると思います! もしくは僕同様に、あるいは僕以上の筋トレドランカーの方もいることでしょう! そして、そういった人たちは筋トレの土台、気持ちがしっかりとできています。 常に「筋トレモード」に入ってます! でも、ほとんどの人はこの筋トレモードに入る前に挫折してしまいがちです。ではどうすればそこに辿り着けるのでしょうか!今回はその問題について、僕の考えを書いていきたいと思います! まず、皆さんは筋トレを始めるとしたら、どこで始めますか? よく耳にするのは、「ジムに行くのが面倒だから自宅で」「自重トレーニングで充分だから自宅で」といった意見です。 僕はほとんど自宅で筋トレをしません。もちろん、自宅で取り組んでいたこともありますが、なぜか長続きしませんでした。 でもジムに通い、それが習慣化すると、「自宅」がトレーニングを習慣化するのに悪い環境だと気づしました。 仮に自宅にトレーニングルームがあろうとも同じことです。 大事なのは今いる場所からトレーニングする場所へと向かう「距離」だからです。つまり、ジムへ「通う」という行為そのものが、「気持ち」=「土台」をつくるためのトレーニングになるということです。 目的地に向かうという行為をしている間は、全身にプラスのエネルギーが流れています。 その状態を保ったままジムに行くことで、トレーニングに対するモチベーションが格段に上がります。 つまり「気合い」が入るということです! 僕は以前、よく仕事終わりに梅田のゴールドジムに通っていました。 職場から梅田までは地下鉄ですぐなのですが、駅からジムまでは徒歩15分とそれなりの距離。 でも目的地に真っ直ぐ向かうエネルギーで自然と早歩きになり、いつの間にかジムに着いていました。歩きながら無意識にトレーニングへのモチベーションを高めているんですね。 実際、茶屋町らへんで早歩きの人はたいていゴールドジムに入っていきます笑 この「目的地に向かう」という行為が筋トレモードに入る鍵だと思います。 自宅でトレーニングをしようとすると、この段階を丸ごと省いてしまうことになります。 結果、モチベーションが上がらず、長続きしない。これが自宅トレーニングが三日坊主で終わる原因だと思います。 ジムで体を鍛える前に、まずは歩いて気持ちを高めていきましょう! それを繰り返していると、気づいたら筋トレモードに入っています。 ジムに通うのは、始めはなるべくコンスタントに、できれば週2回か3回、最低でも週1回。 週2.3回も行けば習慣化するのに3週間もかかりません。 なので、週2.3回、短時間でもいいので通うのが最も有効だと思います。始めのうちはジムまで行って、30分筋トレするだけでも充分です。それで確実に「気持ち」=「土台」は強くなっているからです! しかし、筋トレモードに至るには、まだ何かが足りません。それは「イメージ」です。 詳しくは次回、「筋トレモードになるためのイメージ作り」で書いていきたいと思います。

vol.153 究極のコミュニケーション

●●●今回の放送内容●●●

6さん秘伝!!
究極のコミュニケーション術(笑

心技体の技に偏っている?!

動画視聴のススメ。

などなど

お楽しみくださ〜い!!

#podcast

 

3匹のゴリラ

itunes はこちらから

 

オスカー筋トレ論!はじめに

どうも!コハダン大阪一の筋トレドランカー、オスカーです! ところでみなさん、筋トレはやってますか!?
今回は僕の日頃の嗜みでもある筋トレについて、ちょっと突っ込んで書いていこうと思います!

まず、僕がトレーニングを始めたきっかけは、一昨年の夏、ソケッチ先生に「お前は筋トレして体重100キロになれば間違いなくカポエイラが強くなる」と言われたことです。

当時の僕は今よりもずっと細く、おそらく60キロ前後だったと思います。(現在73キロ!)身長は165センチなので、けっして痩せ過ぎているわけではなかったのですが、今思うと僕が理想とする格闘技色の強いカポエイラをするにはかなり物足りない体格だったことでしょう。

さらに、元々運動神経がめちゃくちゃ悪いので、人が普通にできることでもかなりの時間を要していました。学校の五段階評価だと2を取るレベルです。(1じゃないのは一応授業にはすべて出席していたから)

サッカーなぞやろうものなら特に酷い有様で、相手チームから「穴」と呼ばれたりする始末。結果、自チームは敗北、僕は自己嫌悪に陥り負のループから抜け出せなくなる…しかし、筋トレによって体の使い方を覚えた今なら、ある程度のことはパッとできるようになりました。サッカーはまだわかりませんが笑

もし、仮にいま目の前に2年前の僕が現れて殴りかかってきたら4秒以内に倒せる自信があります。 それくらい、筋トレを始める前と今とでは大きなギャップを感じます。

四年前、ブラジルに行った時の僕。

以前、生徒さんが「オスカー先生、最近カポエイラのスタイルが変わりましたね」と言ったのに対して、ソケッチ先生が「積んでるエンジンが変わったからな」と答えたのが、すごく的確な例えだなと思いました。

感覚としてはまさにそういう感じで、体の外側だけではなく、同時に内側にある何かも大きくなってきている感覚。 一言ではうまく言い表せないのですが、ざっくり言うと「心が大きくなった」というかんじ。

まず、たいていのことにはあまり動じなくなったのと、嫌なことがあっても立ち直りが早い。それに伴って思考がどんどんシンプルになりました。要はポジティブ思考になったんですね。学生時代のように、うだうだとネガティヴなことを考えなくなりました。

今でもたまに過去の嫌な記憶が頭をよぎることがありますが、そういう時はたいてい暇してる時です笑 そういう時はすぐに気持ちを切り替えて未来志向にもっていきます。そこで便利なのが筋トレというわけです!

極端な話、元気のない人はみんな筋トレをすればいいんじゃないかとさえ思います。

元気のない人は、日々の生活の中でリアリティを感じている濃い時間が少ないから、過去に囚われて元気をなくしてしまうのだと思います。

要はありもしないバーチャルな空間に囚われているということです。 一方、筋トレは体で感じる純粋なリアリティです。バーベルスクワットで、自分がぎりぎり一回だけ持ち上げられるウエイトを担ぎながらボトムポジションに入った瞬間、頭にトラウマやコンプレックスが入り込む隙は1ミリもありません。

あるのは自分のフォーム、「身体」のことだけです。 持ち上げる時、つま先はしっかり使えているか、腹圧は抜けていないか、腰を使いすぎていないか…このように、身体を感じるということが究極のリアリティです。 それを現代社会において最も効率良く体感できるのが筋トレなのです!

しかし、たいていはなかなかその一歩が踏み出せなかったり、踏み出せても三日坊主で長続きしなかったり…完全に「筋トレモード」になるまでには多くの障壁があるのは確かです。

では、どうすればそれらを乗り越えて自分の望む「強さ」を手にできるのか!?

それについては次回、「筋トレの土台(気持ち)作り」で語っていきたいと思います!乞うご期待!!

カポエイラ子供合宿!

みなさんこんばんは、オスカーです!
先日、子供たちとカポエイラ合宿に行ってきました!豊中の自然溢れる環境で、みんな元気に楽しんでいました!
本当に子供達の底なしのエネルギーには毎度のことながら驚かされるばかりです。特にカポエイラの子供たちは一線を画しているような気がします。僕の子供の頃とは大違いです笑
そのハジけっぷりを写真と一緒にどうぞー!


川西能勢口で集合!電車に乗り込みレッツゴー!
山下駅で小島氏と合流。この時のためだけにグラサン用意したみたいです。

山下駅からさらにバスに乗り込み、宿泊施設へ。みんなのテンションは最高潮!

着いたらすぐに広場で遊び尽くし!
青空の下でお弁当!お母さん達のお弁当、ほんと美味しそうで羨ましかったです…!

練習からの青空ホーダ!ハッスル! 練習ではグループに分かれて、技のセッションを作って発表したり、子供達でレッスンを組み立てたりと、みんなで自発的に行動していきました!みんなたくさん考えて行動して、良い結果を出していました!

夜はキャンプファイヤーからの肝試し!ソケッチ先生の花子さんに僕も漏らしかけました…!

というわけで、大大大充実のカポエイラ合宿でしたー!未来のホープたちのために、来年もさらに充実させていきます!お楽しみに〜!
<<back|<123456789>|next>>
pagetop